中古品の購入は1万円から慎重に!高価格帯の中古品はプロの鑑定が必要。

投稿日: カテゴリー: News

国内最大のハイブランド商品の委託販売サービス RECLO(リクロ)を運営する株式会社アクティ ブソナー(所在地:東京都港区、代表取締役社長:青木康時)は、インターネットにおける中古品 の購入に関する意識調査を実施いたしました。

 

今回の調査結果では、中古品の品質を自己判断し購入を検討することができるカテゴリが、価格帯によっ て分かれることがわかった。高価格帯でも購入に抵抗がないのは、業者のサポートが普及している「不動 産」や「自動車」といったリユース業界でも成熟している分野である。

 

一方で、高価格帯の「貴金属」や「ブランド品」に関しては、商品の品質に対して個人間取引や業者との 取引でも自身で判断がつかず、需要はあるのに購入に対して抵抗があることがわかった。さらに、鑑定士 による品質保証付の中古品の場合は、半数以上が購入対象にすると回答したことから、「貴金属」や「ブラ ンド品」の中古市場では商品保証が強く求められていることがわかる。また、低価格帯で抵抗なく購入で きるのは「アパレル」「雑貨」という品質を自己判断できる中古品であることがわかった。

 

【調査結果サマリー】

1) 中古品として抵抗がないのは「不動産」「自動車」

2) 中古品の購入に慎重になるのは、10,000 円台から

3) 中古品の品質を自己判断で購入できるのは「アパレル」「雑貨」

4) 個人間取引で気軽に購入できる中古品は低価格帯の「雑貨」「アパレル」

5) 中古品としてプロの鑑定が必要なのは「貴金属」「ブランド品」

6) 鑑定士による品質保証付の中古品の場合、半数以上が「貴金属」「ブランド品」を購入対象に

 

中古品の購入は 10,000 円を超えると慎重に。抵抗がないのは「自動車」「不動産」

中古品の購入に慎重になる価格帯は、10,000 円以上からが 31.4%と最多。続いて、5,000 円以上も 23.4% となっている。多くの回答から、10,000 円以内のものは中古品でも気軽に購入ができる結果となった。

中古品を購入検討できる商品は、半数以上の 53.4%が「自動車」と回答。2位は半数近い 43.7%が回答し た「不動産」という結果になった。3位の「アパレル」は、オークションやフリマアプリの普及により中 古品に対する抵抗がなくなっていることがわかる。

 

商品の品質を自己判断し購入できる中古品は「アパレル」「雑貨」

商品の品質を自己判断でき、インターネットにおける個人間取引を通じて購入検討ができる中古品は、と もに「雑貨」「アパレル」が半数以上を占めた。一方で、購入検討対象になる中古品の半数以上を占めた「不 動産」や「自動車」は、2割弱と商品の品質を自己判断はできないという結果に。ここから、低価格帯の ものは中古品で購入することに抵抗がないことがわかる。

一方で、実際に商品を見ることができない個人間取引では、高価格帯のものは購入に不安を感じているこ とがわかる。先日の当社調査では、実際にインターネットにおける個人間取引で不安に感じたことがある との回答は8割を超え、うち約 3 割が実際にトラブルに巻き込まれたことがあると回答した。消費者にと ってインターネット上で高価格帯の個人間取引はリスクを伴う印象が強いことが伺える。

 

 

プロの商品鑑定が必要だと思う中古品は「貴金属」「ブランド品」

プロの鑑定を必要とすると回答した中古品は、品質が自己判断できない「貴金属」や「ブランド品」、「不 動産」など高価格帯の商品が8割以上を占めている。 鑑定士による品質保証付の場合、購入対象となる中古品は「貴金属」「ブランド品」が半数以上を占めた。

 

<RECLOの委託販売及び買取サービスについて>

不要になったブランド品を RECLO に預けるだけ。あとは RECLO が責任を持ってお客様の商品を専属の 鑑定士による商品の査定・値付けから出品、取引成立後の入金確認まで全て面倒な作業を行い、取引の不 安をも除く安心安全なワンストップサービスです。

 

(RECLO 委託販売サービスのイメージ図)

 

【考察】

近年ではオークションサイトやフリマアプリが普及し、消費者の中古品に対する抵抗感が薄れ、これらを 個人間でも売買取引することが可能となっている。平成27年の環境庁調査でも実際のリユース品の売買経 験者は3割と少ない結果となっており、自宅に眠らせているブランド品は60.3%に上るという。この眠っ ているブランド品を、鑑定士による100%正規品保証かつ適正価格で売買できるRECLOの委託販売サービ スを利用してみたいと回答したのは半数以上となった(2016年7月当社調べ)。

実際にRECLOでは、昨年9月比の商品着荷数は10倍、販売個数は3倍(2015年5月時点)と増加しており、 今後も個人間取引の不安や課題を解決することが、現在のリユース市場規模約3兆1千億円(平成27年環 境庁調査より抜粋)をさらに拡大していくと考えられる。

 

(当社販売個数及び着荷商品数の推移)

 

国内の人口総数は減少していく反面で、売買を行う経験者人口は拡大する見込みであり、2025年には約 6200万人と日本の人口の約半数がリユースユーザーになると見込んでいる。(中古市場データブック 2016より抜粋)

RECLOでは、こういったリユースニーズに応えるために個人間取引の間に立ち、リユースをさらにスマー トにすべく今後も安全安心の委託販売及び買取サービスを展開していきます。

 

■調査結果概要

対象者:個人間取引の利用経験がある20代~40代の有職者男女442名

地域:全国

時期:2016年8月19日~20日

実査機関:インターネットリサーチfasttask