中国最大級の金融財閥グループCITIC Capital等から総額約36億円の資金調達を実施

投稿日: カテゴリー: 未分类

ハイブランドリセールプラットフォーム「RECLO(リクロ)」を運営する株式会社アクティブソナー(本社:東京都港区、代表取締役社長:青木康時)は、中国最大級の金融・産業コングロマリットであるCITICGroup(中信集団)に属する資産運用業を中心としたCITIC Capital Holdings Limited(中信資本、本社:香港、Chairman & CEO:Yichen Zhang)をはじめ、SBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島克哉)および株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人)、株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区、取締役頭取:藤原弘治)などを引受先とした総額約36億円の第三者割当増資及び融資を実施致しました。

 

■グローバルリセールへ本格チャレンジ。中国を拠点にブランド品を収集し世界へ転売


本資金調達は国内の認知度獲得はもとより、グローバルリユース事業への本格的な挑戦が最大の目的です。
当社は、2016年10月に開始した中国版RECLOの提供を皮切りに中国における自社サービス運営ならびに海外モールや海外EC企業との提携等、グローバル展開を積極的に進めてきました。
その結果、世界約200ヵ国以上にて多言語で同時併売可能な販売ネットワークが構築され、RECLOの売上は年率2倍の伸長、海外売上比率は全体の5割を超えるまでに成長しています。
特に中国における売上の拡大が堅調で、すでに海外売上の約7割を占めています。

売上構成

中国の新品ラグジュアリー市場は2017年に7,000億元(日本円で約11兆円)を突破し、グローバル市場全体の約32%を占めるまでに広がりを見せています。一方で中古ラグジュアリー市場は、新品ラグジュアリー市場全体のたった1.4%と異常にサイズが小さい状況です。先進国では20%以上の中古販売比率を占めていることから、中国における中古ラグジュアリー市場は拡大するポテンシャルを大いに秘めています。当社はこれを勝機ととらえ、中国展開を加速させます。
昨年、中国・上海にて現地法人を設立。2019年後期からは中国を拠点にブランド品の販売のみならず収集活動も開始していきます。今後は世界中でブランド品の販売・収集を展開し、グローバルリセールプラットフォームの構築を目指してまいります。

▲中国の新品ラグジュアリー市場は2017年に7000億元を突破!  ▲中国の中古ラグジュアリー市場は1.4%から現在急拡大中

※出所: 左図 BCG 2018 True-Luxury Global Consumer Insight
右図 Insight&Info Consulting Ltd 2018年中国ラグジュアリー業界分析報告―市場運営状況と発展動向予測

 

■引受先からのコメント


<CITIC Capital Holdings Limited>
アクティブソナーへの出資手続きが完了したことを大変嬉しく思います。
アクティブソナーは、日本国内およびグローバルでのオンライン中心の販売および収集ネットワークを強みとし、ハイブランド・リセール市場において独自の地位を築いておりますが、CITIC Capitalは、アクティブソナーがその強みを活かし、今後グローバルに事業を拡大し更なる成長を実現できるようサポートして参ります。

<SBIインベストメント株式会社>
アクティブソナーはインターネット、アプリをフル活用して大企業とグローバルに提携する従来のリユース業者とは一線を画す存在です。熟練の目を持った日本人鑑定士の鑑定保証により付加価値の高いブランド品を取扱うことで、買い手にも売り手にも「安心・安全」な透明性の高いオンラインリセールプラットフォームを展開しています。
ハイブランド・リセール市場は世界全体で拡大傾向にあり、その中でも中国は大きく発展する可能性を秘めています。パイオニアとして中国市場を開拓する青木社長のチャレンジングな経営戦略への熱意を感じ、この度出資させて頂くことになりました。
今回の出資を機に、弊社ファンドの投資家やSBIグループが有する事業基盤、顧客ネットワークを活用し、アクティブソナーの成長を支援させて頂きます。