取締役3名、執行役員1名を新たに迎え経営体制を強化

投稿日: カテゴリー: 未分類

­ ハイブランドリセールプラットフォーム「RECLO(リクロ)」を運営する株式会社アクティブソナー(本社:東京都港区、代表取締役社長:青木康時)は、2019年12月25日に開催した株主総会および取締役会において、グローバルリセール事業の推進に向けた経営体制強化のため、下記のとおり役員人事を決議し、同日付で就任いたしました。

左から執行役員 小川博之、取締役COO 出村太晋、代表取締役社長 青木康時、取締役CFO 平川秀年、社外取締役 大西秀亜

 

■新体制のご紹介


1. 取締役の新規就任

 

2. 執行役員の新規就任


 

3. 新経営体制:執行体制


 

■新体制の目的


当社は、中国における中古ラグジュアリー市場が拡大傾向にある現状を勝機ととらえ、中国・上海での現地法人設立や中国最大級の金融財閥グループCITIC Capital等からの総額約36億円の資金調達など、中国展開を加速させてきました。中国を拠点としたブランド品の販売に加え収集活動を開始したり、近い将来、世界中でブランド品の販売・収集を展開したりと、グローバルリセールプラットフォームをいち早く構築するためには、それらを推進する優秀な仲間が必要と考え、このたび経営体制の強化を目的に様々な業界で実績のあるメンバ―を迎え入れることといたしました。

 

■新任役員の略歴と当社における役割


<取締役COO 出村太晋(でむらたいしん)>
◎略歴:
­ 2005年12月 株式会社リクルート
­ 2012年 8月 グリー 株式会社 投資・インキュベーション事業本部 副本部長
­ 2016年 4月 株式会社ブイキューブロボティクス(現 (株)センシンロボティクス)代表取締役社長
­ 2019年 2月 株式会社グルーヴノーツ CSO&CMO
­ 2019年10月 株式会社アクティブソナー 事業推進室長
◎当社における役割:
 これまでの投資事業責任者や事業会社代表の経験を活かし、当社RECLO事業全体を統括、管掌。国内のみならず、中国での新規事業の立ち上げに注力し、アジア最大のラグジュアリーリセールカンパニーの実現へと導きます。

 

<取締役CFO 平川秀年(ひらかわひでとし)>
◎略歴:
­ 2006年12月 あらた監査法人
­ 2015年 5月 株式会社GA technologies 取締役経営管理本部長
­ 2019年 2月 株式会社キャスター 取締役CFO
­ 2019年12月 株式会社アクティブソナー 財務部長
◎当社における役割:
­ 監査法人における会計監査業務の経験、事業会社2社でのCFOとしての経験を活かし、当社の上場に向けたファイナンス戦略全般の立案と実行を担います。

 

<社外取締役 大西秀亜(おおにしひでつぐ)>
◎略歴:
­ 1986年 4月 株式会社富士銀行 入行
­ 2002年 2月 株式会社リンク・セオリー・ホールディングス 取締役CFO
­ 2009年 9月 株式会社ファーストリテイリング 執行役員CFO
­ 2016年 3月 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 取締役
­ 2019年 5月 アークランドサカモト株式会社 社外監査役
◎当社における役割:
­ セオリー、ファーストリテイリングにおけるアパレル業界での豊富な経験と幅広い見識および、グローバル管理体制を構築した実績を元に当社の経営全般に助言いただき、経営体制のさらなる強化を図ります。

 

<執行役員 小川博之(おがわひろゆき)>
◎略歴:
­ 2001年11月 日本フィリップス株式会社
­ 2005年 5月 株式会社楽天野球団 ※兼任:楽天、パシフィックリーグマーケティング、他
­ 2013年 5月 株式会社イエモ 代表取締役
­ 2015年 9月 タグピク株式会社 取締役CMO
­ 2019年10月 株式会社アクティブソナー アライアンス部長 兼 事業開発室長
◎当社における役割:
­ 当社事業の基盤となる商品の「収集」を担うアライアンス部の責任者として、個人・法人の双方からの収集における責任と権限を集中させ、有機的に活動する他、新規事業開発を推進いたします。

 

■代表・青木によるコメント


この度アクティブソナーは【アジア最大のラグジュアリーリセールカンパニー】を目指しさらなる飛躍を遂げるために、新任取締役を選任し経営体制の強化を行いました。ファッションや小売ビジネスのサスティナブルなあり方や、SDGsが経済のキーワードとして取り上げられ、また国内はもとより、中国を初めとするアジアの経済情勢が先行き不透明な昨今において、ネット×リユースビジネスはさらに大きな飛躍の可能性を秘めていると考えております。
RECLOを通して無駄のない、そして買い叩きのない【スマートリセール】を世界に広め、世の中のモノの「持ち方」と「買い方」をもっと自由にしていくことが出来るよう、役職員一同努力して参ります。